学ぶ楽しさは…

算数の時間に,我先にと問題を解いて丸付けに持ってくる。 昔は,それは素晴らしいものと思っていたけれど,最近はなんだか違うようだ。 我先にと,解こうとする姿勢を否定しているわけじゃない。 その意欲は,個々人の中であっていいと思う。 でも,それを…

運動会すると体力は向上するのか?

運動会前と陸上大会前の体育の集中で、6月は体力テストをしたらプールまでほとんど体育ないじゃーん! 変だ。変だ。変だ。どちらも必要なのは分かるけど、変だー。これじゃあ、体力向上どころか逆効果ではないかー。 もう、ぶっつけ本番でもいい運動会やろ…

教科の特性は大切なんです

今年のチャレンジの1つは,教科の枠組みにとらわれない実践です。 社会科の学習は,総合的な学習で行う「地域の食べもの探検隊」と密接に関連させます。 「地域の食べ物探検隊」は,国語科の「比べて考える」説明文の学習の題材になります。 そして,その説…

おぎやはぎが好き

昔から、お笑い芸人の中では『おぎやはぎ』が1番好きです。 逆に嫌いなのは、具体名はなかなか上げられないけど、キャラで何とかしようとしてる芸人。 おぎやはぎの好きなところは、自然なところです。 飾り気が感じられなくて、きっと私生活でもこんな感じ…

凝集性とか,ガラスの天井とか

『凝集性のこととか』今日は,ちょっと学級の具体から離れて思ったことを書いてみる。どうしても,学級のことを考えると,はずれがちな子に目が向く。何から外れるのかって考えると,学級の凝集性からなんだと思う。最近,あまりよくない意味合いでの「凝集…

ぼちぼちいこか

今日の放課後のこと。 Aさん「先生,○○くんがカードゲーム持ってきてますよ。」 Bさん「そうそう,てか前からじゃない?」 わたし「そっかぁ,それは困ったなぁ。」 A・B「先生,全然困ったように聞こえませんけど。」 わたし「えっ、そう?いやぁ,困っ…

学級にあったブラウン管テレビのこと

私の教員生活は,これまで(そしてきっとこれからも)先輩方から頂くたくさんのお叱りの経験とともに成り立っています。 2年前に現任校に異動してきた時にも,初日に教室に設置してあったブラウン管のテレビを空き教室に移動し,先輩の先生からお叱りを受け…

4月2日全国若手学級開きの講座

同期の浩美ちゃんが,2日の講座を聞いて,文字起しをしてくれました。 やっぱり,すごい人です。 浩美ちゃん,ありがとう! 2016年4月2日(土)全国若手学級開き大会 「自然体で始めよう。いい学級開きってなんだ?」全17分9秒 ■はい、じゃあ、よ…

4月7日にするゲーム

7日は,1校時を学級活動にしました。 そこでは,いろいろな自己紹介をしていきたいと思っています。 私の学級は,単学級です。 だから,お互いのことを知っていると思ったら大間違いです。 子ども達は,狭い関わりを作りやすく,広い関わりを作りにくくな…

慣れの怖さと恐れの大切さ

来年度から,小学校の教員として働く4人と一緒にご飯を食べながら,いろいろと話しました。 こういう機会があったら,できる限り参加するようにしているけれど,今回も参加して本当によかったです。 そして,今日は自分より年下の先生と話すことの何がいい…

その怖れを取り除いてあげられたなら

学級遊びの時間 基本的に学級遊びは,子ども達に全てを任せています。 今回は,全員でドッヂビーをしました。 子ども達は一列になり,「番号2」でチーム分けをします。 ランダムの様だけど,やっぱり一緒のチームになりたい子の隣に並ぶ子は少ない。 それが…

一人一人の凸凹に寄り添う「気になる子」「苦しんでいる子」の育て方

私が,後輩教員に伝えたいことを,金さんがこの本に全部書いてくれました。 www.shogakukan.co.jp 題名を見て,うすうす勘付いてはいたのですが,今までの金さんの本の中で一番好きです。 この本は,これからしばらくの間,学級経営の拠り所になるでしょう。…

子どもの姿で語るということ

2回目の大阪講座が終わりました。まだまだだなぁと改めて感じましたが、得たこともありました。やっぱり講座は、参加された方が元気になって帰ってもらわないと、話す意味は薄いのでしょうね。自分の講座は、まだまだ情報過多で浅く広い話です。身につけた…

恐れではなく畏れへ

金さんの新刊「ハッピー教育入門 主体性&協働力を伸ばす秘訣」を読みました。 金さんと話をすると,不思議な気持ちになります。 この本を読んで,また似たような感覚がしました。 教員としての希望,不安,安心,自信。そういったものが湧き上がってくる感じ…

『できる先生』が増えても,学校は変わらない

学級担任が大きな裁量を持ち,子ども達のお思いに寄り添いながら,担任の思いと知識,経験で学級を運営していく。学級にトラブルが起きれば,担任がリーダーシップをとって解決していく。 聞こえはいいですが,この指導体制で無理が生じている場面に多々遭遇…

【私が頑張るよりも,有能な若者が教員になるほうが,世のためです】

「仕事に一生懸命」な人には,あえてなりたくないと思います。「人生に一生懸命」な人になりたいです。仕事も,遊びも,家族も,休養もいろいろひっくるめて幸せな人生が理想です。 もう一つ,「仕事に一生懸命」になりたくない理由は,未来の教育のためにな…